2017年1月30日月曜日

全国協ニュース 第118号

http://www.godoroso-zenkokukyou.org/grz/?p=4688


ニュースへのリンク

多摩連帯ユニオンNEWS(JR版) 第17号 2017年1月28日

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38dmc1N0R0V2JsbzA/view?usp=sharing


動労東京に入ろう!

 JRで働く労働者の皆さん。昨年6月、東京のJRおよび関連会社で働く労働者の組合、国鉄東京動力車労働組合(略称・動労東京)が結成されました。すべての労働者は雇用と権利を守るために動労東京に入って闘いましょう!
 動労東京の吉野元久委員長は結成大会で次のように宣言しました。「外注化・非正規職化の先頭に立つJR資本の下で膨大な非正規労働者が必死に生き、闘おうとしている。だからJRと関連会社の労働者が団結する階級的労働組合をつくると決断した」
 すでに動労東京には、JRの車両清掃業務を担っている交通機械サービスの仲間が分会を結成して、労働者の切実な職場要求として掲げた要員不足常態化を改善すること、などを巡って交渉を行っています。
 JRで働くすべての労働者は、動労東京に入って共に闘おう!
グリーンスタッフの採用停止に反対します
 JR東日本は2018年度から駅業務を担う非正規職のグリーンスタッフの採用を停止すると発表しました。外注会社のJESS(東日本鉄道サービス)が駅業務を担い、JRは安全に一切責任をとらない体制にしようというのです。JESSの就業規則では昇給は一生のうち三回まで、月給20万円程度にしかなりません。労働者から人生設計も働く誇りも奪う攻撃です。
 さらに重大なのは「安全の崩壊」です。1月15日、埼玉県蕨市のJR蕨駅で盲導犬を連れた視覚障害者の男性が線路に転落し、電車と接触して死亡する事故が発生しました。駅業務の外注化がなされれば、こうした痛ましい事故が繰り返されることになります。
 JRは鉄道会社でありながら、鉄道の安全にまったく責任をとらない!「エキナカ」でテナントを貸し出して儲ける不動産会社になっているのです。「命よりも金儲け」とは、このことです。
 動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)は、こうしたJRの全面外注化攻撃に対して、17年間に渡って闘っています。動労千葉は、「外注化は雇用と労働者の労働者の権利を破壊する。安全を破壊する。労働組合の団結を破壊する」と暴露しました。
 すなわち、労働者は労働組合に結集して団結し闘ってこそ、雇用と権利そして安全が守られるのだ、ということにほかなりません。
 闘う労働組合=動労東京に結集して共に闘いましょう!




動労東京とは
 国鉄東京動力車労働組合(動労東京)は、2016年6月1日「国鉄1047名解雇撤回、JRの全面外注化・非正規職化反対、常磐線の全線開通阻止」を掲げて結成しました。
 動労東京は、国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)とともに闘う労働組合であり、JRとJR関連で働くすべての労働者、正社員と契約社員・パートなどの非正規労働者がひとつに団結し、JR東日本と闘う労働組合です。




2.12国鉄集会に結集しましょう

国鉄1047名解雇撤回!
改憲と戦争の安倍政権を倒せ!
「働き方改革」―第2の国鉄分割・民営化との闘いを!
国鉄分割・民営化で不当解雇から30年

2.12国鉄集会

日時    2017年2月12日(日)午後6時(5時30分開場)
会場    すみだ産業会館8階サンライズホール(JR錦糸町駅前の丸井錦糸町店8階)
主催    国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動




ブラック企業=JRをぶっとばせ!
労働組合をつくろう!

 JR東日本は、鉄道業務の水平分業=分社化へ突き進み、JRとグループ会社で働く現場労働者を全面的な転籍へと追い立てようとしています。3.4ダイ改では「今までの延長線上にない視点に立った業務の見直し」として、グリーンスタッフ(契約社員)採用停止―駅別会社への動きだすなど「戦略的ダウンサイジング」「選択と集中」と言い始め、国鉄分割・民営化以来の大規模な地方ローカル線の切り捨てに踏み出しています。
 これらが雇用と安全の破壊に向いています。何より重大事故の危機が深まっています。多くの人が危機感を持っています。
 労働組合を甦らせ「労働者同士の競争をやめ団結して会社と闘おう」が合言葉となったとき職場の状況を変えることは可能です。
 3.3三多摩集会で、闘う労働組合=動労東京に合流しましょう。

ブラック企業=JRをぶっとばせ!
労働組合をつくろう!


3.3 三多摩集会

日 時: 2017年3月3日(金)19:00〜
会 場: 立川市女性総合センター(アイム)第2学習室
主 催: 三多摩労働組合交流センター
資料代: 300円

ニュースへのリンク

2017年1月28日土曜日

2 .12 国鉄集会

http://www.doro-chiba.org/z-undou/pdf/20170212.pdf



国鉄1047名解雇撤回!
改憲と戦争の安倍政権を倒せ!
「働き方改革」―第2の国鉄分割・民営化との闘いを!

国鉄分割・民営化で不当解雇から30年


2 .12 国鉄集会

日時    2017年2月12日(日)    午後6時(5時30分開場)
会場    すみだ産業会館8階サンライズホール    (JR錦糸町駅前の丸井錦糸町店8階)
主催    国鉄分割・民営化に反対し、1047名    解雇撤回闘争を支援する全国運動

タブロイドへのリンク

2017年1月20日金曜日

NAZEN埼玉の3名の仲間に対する 埼玉県警の不当逮捕弾劾!

 弾劾声明!

NAZEN埼玉の3名の仲間に対する
埼玉県警の不当逮捕弾劾!
絶対即時奪還を宣言する!



すべての闘う仲間のみなさん。

本日(1月18日)早朝、埼玉県警はNAZEN埼玉の中心的メンバーである3名を不当にも逮捕した。容疑は2015年9月に行われたNAZEN埼玉の楢葉町現地視察ツアーが、道路運送法4条及び99条に違反する、というものだ。

昨年2月26日には、この容疑で今回逮捕された3名の自宅を含む県内4ヶ所に不当にも家宅捜索が入った。

道路運送法4条は、「一般旅客自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。」となっている。レンタカーを借りてレンタカー代、ガソリン代、高速代を参加した仲間で分担して、帰還強制、フクシマ切り捨ての現実を視察してくるという行為のどこが「一般旅客自動車運送事業を経営」することなのか、どうしてそれが「国土交通大臣の許可を受けなければならない」行為だというのか。

絶対に許さない!

2月5日のNAZEN埼玉集会を前に、そして6年目の3・11フクシマ行動を前に3名を逮捕したということは、国家意思としてフクシマを圧殺するということを意味する。

高線量被爆地への帰還強制、住宅援助打ち切り攻撃に対して、それに反対するものはすべて逮捕する、という攻撃なのだ。これが今国会で安倍政権が強行しようとしている新共謀罪そのものだ!

そして本日、原子力規制委員会は、玄海原発3、4号機が「新基準に適合」したと発表した。

NAZEN運動の、そしてフクシマの闘いと怒りに恐れおののく国家権力の暴挙を徹底的に弾劾する。

この1~3月、私達さいたまユニオンと埼玉労組交流センターは、JR3・4ダイヤ改定決戦-3・11フクシマ行動へと、全力で闘い抜きます。



全国の仲間のみなさん!

3名奪還へ向け、支援をお願いします。

檄文を集中してください。カンパを集中してください。よろしくお願いいたします。



FAX番号   048-768-4577

メール    sai_union@yahoo.co.jp

カンパ送付先 中央労働金庫 上尾支店

口座番号 6548347

一般合同労組さいたまユニオン

2017年1月18日

一般合同労組さいたまユニオン

執行委員長 田畑典保

合同・一般労働組合全国協議会サイトから転載

2017年1月9日月曜日

第一交通武蔵野分会ニュース 第15号

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38bFZ0S0dxT0plUkE/view?usp=sharing


違法・不当な解雇を許さない!!

会社の暴力労務支配に反対する労働組合員に違法な解雇予告!?

 わたしたち「多摩連帯ユニオン・第一交通武蔵野分会」は、第一交通産業グループの脱法的賃金カットや暴力労務支配に絶対反対の立場で結成された労働組合です。
 結成以来今日まで、他産業の労働者との団結や市民の皆様のご支援の下で、第一交通産業グループによる「暴力労務支配と一体となった安全軽視の経営姿勢」や「暴力労務支配による労働者の権利剥奪」と闘ってきました。
 去る12月9日、会社側はこうした組合活動を嫌悪して、労働組合員であることを理由に雇用契約の一方的破棄を通告するという暴挙に出てきました。わたしたち組合は、正規・非正規を問わず、こうした就業規則万能主義の脱法的解雇通告を決して認めません。

暴かれた暴力労務支配の実態

 「第一交通産業グループ」は、「よい労働条件こそが安全運行の基本」であることを嫌悪して、労働組合を弾圧し、ほかのどのタクシー会社よりも「賃金を下げてノルマを強化することに熱心」で、実際、「第一交通産業グループ」が呼び寄せて雇用した暴力社員らによる警察沙汰が、以下に記すように昨秋だけでも4件にも及んでおり、その労務支配の異常さと暴力性が突出したものであることを物語っています。
①2016年9月24日「拉致未遂・暴行事件」
 第一交通グループの暴力労務支配に嫌気がさして退職した労働者の自宅に暴力社員・暴力団関係者らを差し向けて暴行の末に拉致しようとして三鷹警察署が出動。
②2016年10月2日「拳銃不法所持の家宅捜索」
 組合弾圧のために会社が雇用した暴力社員らに銃刀法違反(拳銃所持)容疑で家宅捜索。
③2016年11月2日「社屋内での暴行事件」
 暴力社員らによる社内での暴行事件で社屋内で武蔵野警察署による現場検証。
④2016年11月下旬「暴力社員への逮捕状執行」
 暴力社員を暴行容疑で三鷹警察署が検挙・身柄拘束。
 そのほか、労働基準法違反や不当労働行為などの違法・脱法行為は枚挙にいとまがありません。会社は、第4回団交で、こうした暴力社員を「立派な社員である」と評価して見せ、社会常識のかけらもないことが、わたしたち組合によって暴露させられました。

違法解雇阻止に共に起ち上がりましょう!

 会社が労働組合員に対して行った解雇予告は、それ自体不当労働行為という違法行為に他なりません。第一交通産業グループ傘下の他社でも労働組合つぶしが公然と行われ、不当労働行為として糾弾されています。こうした悪徳行為は裁判でも断罪されています。
 「労働者の権利の消えたところに市民の命も安全もない」の旗印の下、団結してたたかいましょう。




2017年1月5日
東京都労働委員会が不当労働行為
救済申請を受理!




2017年 1月 5日
要 求 書

 親会社の第一交通産業株式会社は北九州空港ビル運営会社に出資している公的な会社である。だが、その傘下の第一交通武蔵野の就業規則は違法・不当な条項が網羅されていることをこれまで組合は指摘し、会社側自身も自覚していることである。従って労務管理も違法・不当な状態が続いている。私たち多摩連帯ユニオン第一交通武蔵野分会は、この違法性を正すことを目的に結成されたのである。
 そして、会社の組合嫌悪により出された2016年12月9日付(10日受け取り)の当該組合員への「休職通知」は、違法・不当な解雇予告通知に他ならない。組合はこのような暴挙を絶対許さない。ここに「休職通知」の即時撤回を求める。
 まずなによりも当該組合員は11月9日付診断書送付しての病気休職中であり、その上で12月8日に12月5日付の診断書を送付して休職の継続を求めていた。これに対して会社側は12月9日に、12月19日に設定されていた団体交渉の延期を電話で要請してきたのである。これは12月9日付の「休職通知」が、解雇予告通知であり、その違法性・不当性を自認した上での逃亡=団交引き延ばしに他ならない。
 そもそも会社側が根拠とする就業規則第27~33条の実際上の運用は恣意的である。特段の手続もなしに6ヶ月以上休職している労働者が存在しているのである。当該組合員には「1ケ月の休職しか認めない」というものは、明らかに差別的である。
 今回当該組合員の休職に対してこのような「休職通知」が発せられた理由は、労働組合運動を推進する当該組合員を排除するためであり、明らかな不当労働行為である。加えて言えば、当該組合員は12月22日に三鷹労働基準監督署へ労災申請を行なっており、労災罹患者への解雇は違法である。
 上述のとおり2017年1月9日付で解雇を強行するならば、以下3つの意味で違法である。

  ① 解雇権濫用であること
  ② 不当労働行為であること
  ③ 労災申請中であること

 よって以下のことを要求する。

 会社は当該組合員への「休職通知」を直ちに撤回しろ。
 会社は当該組合員への解雇を行うな。
 会社は直ちに団体交渉を行え。
 

ニュースへのリンク

2017年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます




 あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。