2015年8月30日日曜日

合同・一般労働組合全国協議会声明

2015年8月30日 東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会都労委命令(8月26日)故田口守組合員の解雇撤回命令を勝ち取る!

 8月26日、東京都労働委員会は2009年11月10日に不当解雇された故田口守組合員の解雇を不当労働行為によるものと認定し、2009年11月10日の解雇から2011年8月16日に無念にも急逝されるまで、継続雇用していたものとして約1年9か月分の賃金を遺族に支払うよう命令した。その他、2011年9・27ストライキに対する出勤停止処分も不当労働行為と認定した。さらに謝罪文の掲示も認めた。昨年の東京地裁での解雇撤回・原職復帰に続く大勝利である。

この勝利の意義の第1は、鈴木コンクリート工業分会の闘いの中で田口さんの解雇撤回闘争は鈴コンの原点であり、精神的支柱であり、鈴コン分会は田口さんが死してなお田口組合員と団結して闘い抜いてきたことだ。鈴コンの分会大会、鈴コン支援共闘の集会の場には必ず田口守組合員の遺影が掲げられてきた。

3名が2011年9・27にストライキを打ち抜いたのは田口さんの解雇撤回を要求してのことだ。このストライキに対する出勤停止処分も不当労働行為と認定されたのだ。

田口さんが脳梗塞で死亡した後で鈴木資本は田口さんの死亡と解雇とは何の関係もないと述べた。しかし田口さんは不当解雇され、アルバイトをしながら無理をして闘う中で亡くなられたのである。この田口さんの解雇を撤回させ、名誉回復を勝ち取る闘いが鈴コン闘争の第2ステージにおける最大の眼目であった。この闘いに勝利したのである。

第2は、国鉄1047名の解雇撤回闘争、JRの不採用事件の裁判闘争と一体の勝利である。最高裁の6・30上告棄却決定は、解雇撤回・原職復帰を認めない不当な決定だ。しかし他方で地裁・高裁で不当労働行為を認めさせ、確定させた決定である。

鈴木資本は国鉄分割・民営化攻撃と一体で東豊商事というダミー会社を作り、生コンの運転手を3か月の非正規で雇用し、労働組合を作らせない策動を続けてきた。鈴コン分会はこの組合圧殺策動を打ち破り、西部ユニオンの旗を打ち立てたのである。鈴木コンクリート工業資本は 分会結成直後から組合敵視の姿勢を露わにし、田口組合員を雇いとめ解雇にしてきた。鈴コン分会の労働委員会闘争はここを起点に2009年12月から開始され、勝利したのである。

西部ユニオンはアメリカンアパレル分会の解雇撤回闘争の勝利をはじめ、いくつもの労働委員会闘争に勝利してきたが、鈴コン分会の労働委員会の勝利命令は4・9政治和解を弾劾し闘い抜かれてきた動労千葉の闘いと一体である。

4・9政治和解には「不当労働行為や雇用の存在を二度と争わない」という文言が入っていた。通常ならあるはずの「本件」に限定する言葉は一切なかった。これは解雇撤回闘争など今後一切やるな、放棄しろということだった。これを労働組合の正式の機関決定にせよというのである! しかもそれを、国労のみならず4者4団体のもとにある全労働組合に強制しようとしたのだ。その結果1047名の解雇撤回闘争を闘う地域共闘に対抗して、「1047名の解雇撤回闘争を闘わない地域共闘を構築しよう」という動きまで生まれた。不当労働行為や解雇を「二度と争うな」と労働組合に要求することは、労働組合に対する事実上の解散要求だ。まさに究極の労組破壊、労働運動つぶしである。4者4団体幹部はこれらすべてを丸のみし、即座に受け入れを表明した。まさに前代未聞の大裏切りだった。4・9政治和解は解雇の金銭解決制度の先取りのみならず、団結権を金で売り渡す屈服だった。不当労働行為はなかった、解雇は正当だった。組合つぶしも正当だったということをすべて認めて、二度と闘わない代わりに金をもらうという全面降伏だった。

動労千葉のJRの不採用をめぐる裁判闘争はこの4・9政治和解を弾劾して闘い抜き、不当労働行為の認定を勝ち取ったのである。

鈴コンの労働委員会闘争はこの動労千葉の闘いの背中を見ながら進められてきた。不当労働行為があったならば解雇は撤回されなければならない。それは3か月雇用の非正規だろうが、60歳であろうが関係ない。組合員であることを嫌悪して解雇になった。これは不当労働行為であり、労働組合法第7条1号違反であるということだ。今回の勝利命令はそのことを勝ち取ったのである。

1047名の解雇撤回闘争の渦中で労働委員会の命令はすべて国鉄―JRの不当労働行為を認める命令が出た。JRはこの命令を拒否し、最後は最高裁が全部ひっくり返したのだ。したがってこの過程で団結権、不当労働行為という概念、労働委員会制度そのものが地に落ちた。破壊されようとしたのである。動労千葉が鉄建公団訴訟で闘い抜くことがなければ労働委員会制度そのものが解体されていた。しかし動労千葉が不屈に闘い抜き、鈴コンをはじめ、合同・一般労働組合全国協議会が不当労働行為を争い全国で闘い抜いてきた。労働委員会闘争の復権を勝ち取ったのである。

第3は、職場復帰で闘いがとどまるのではなく、故田口組合員解雇撤回の第2ステージの闘いに勝利したことだ。解雇撤回を勝ち取った3名と、職場に残っていた2名の団結で、職場で闘い抜き、勝利したのである。鈴木富美子社長は吉本だけは絶対に戻さないと豪語していた。その吉本さんをはじめ3名が昨年解雇撤回・原職復帰し、ポストノーティス(謝罪文掲示)も勝ち取った。鈴木富美子社長にとってはこの謝罪文の掲示が一番の打撃だといわれている。職場において分会の団結を固め、組織強化拡大から、鈴コン分会を基軸に関東生コン建設、地域共闘の拡大、さらにGTR(合同・一般労働組合全国協議会建設・交運連絡会)を水路にした全国協1千―1万人建設の橋頭堡を築いたということだ。

第4は動労総連合建設に向かって非正規・正規が一体で勝利する道筋を切り開いたことだ。3か月雇用の非正規労働者が二重三重の闘いに勝利した。3か月の非正規労働者であっても労働組合を組織して闘い抜けば勝利できることを指し示した。今JRにおいて何十万人という非正規労働者が13~14万円の賃金と3か月、6か月、1年という有期労働契約で働いている。有期労働契約はあらかじめ死刑執行の日が決まっている雇用形態だ。3か月で雇い止めになるかもしれないという恐怖心と不安を抱えながら契約更新をし、更新されるのは死刑執行が猶予されたようなものだ。しかし団結して闘い抜けば勝利できる。非正規労働者が労働組合を組織し、正規・非正規一体で闘い、有期労働契約・非正規雇用形態を打ち破ろう! 正規で雇え、生きて生活できる賃金をよこせという闘いをやろう! 正規・非正規雇用の労働者が団結してJR資本と闘うために動労総連合を全国に! 全国協議会はその先頭に立って闘い抜く。

第5は故田口守組合員と団結して闘い抜く団結の質だ。鈴コン分会の団結の強さはここにある。亡くなられた田口組合員の無念と怒りをわがものとして闘い抜くということは組合結成の原点を忘れないということだ。死してなお団結して、労働者階級の解放の日まで共に闘い、勝利する!

その誓いが鈴コン分会の団結の基礎になり、西部ユニオンの団結の核心になった。今度はそれを合同一般労働組合全国協議会全体のものにしよう! 10月10日の合同一般労働組合全国協議会第7回定期大会を成功させ、一千~一万人建設を早急に実現し、民主労総との血盟にかけてゼネストを打つことのできる全国協議会を建設しよう!

声明へのリンク

合同・一般労働組合全国協議会サイトから転載

2015年8月25日火曜日

8・30国会前10万人行動へ

戦争法阻止! 安倍打倒!
労働組合こそ闘いの先頭にたとう!
8・30国会前10万人行動へ


戦争法案廃案! 安倍政権退陣!
8・30国会10万人・全国100万人大行動
日時: 8月30日(日)14時~ 
場所:国会議事堂周辺
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

2015年8月4日火曜日

たたかう仲間のデッチ上げ逮捕  許さない!

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38elFwV2tMd3lscFU/view?usp=sharing


戦争法反対デモ 障害者解放運動
たたかう仲間のデッチ上げ逮捕  許さない!
直ちに釈放を

 安倍政権のもとで、公安警察が本当に許せない弾圧をおこなっています。
 6月1日に、練馬区の障害者就労支援事業所「オープンスペース街」と職員の自宅などに、公安警察が突如家宅捜索し、事業所運営に必要な物品を根こそぎ押収していきました。
 それから2ヶ月近くたった7月27日、公安警察は「街」の職員2名を「詐欺」容疑でいきなり拉致同然に逮捕・連行しました。わざわざテレビ局を連れてきて見せしめのように連行の様子を撮らせて繰り返し放送させたのです。
 これは公安警察による、戦争反対の声をあげた障害者と作業所つぶしです。公安一課は不当弾圧をやめ、今すぐ無実の2人の女性を返せ!
 
作業所「 詐欺」 容疑でなぜ公安が

 マスコミは警察発表そのままに「就労支援の給付金16万円をだまし取り」「過激派の資金源に」と宣伝しています。冗談ではありません!
 「街」は都や区から定期的に監査を受け、これまで何ら問題の指摘も受けていません。行政の要請もないのに、畑違いで作業所の現場も知らない公安警察がいきなり介入してきたこと自体、弾圧のための弾圧です。実際には、警察が直接利用者を脅迫して回って「詐欺」をデッチ上げたのです!

腸閉塞と気管支炎、 不整脈の女性を長時間の取り調べ! 即時釈放を

 逮捕された女性Aさんは、大腸がんの予後で何度も腸閉塞を繰り返しており、午前中通院して帰ったところを不当逮捕。しかも体調が悪く連行途中に要求して病院で受診させたところ、熱があり「気管支炎の疑い」の診断でした。
 もう一人の女性Bさんは、心臓の頻脈性不整脈があり、何度か病院に運ばれています。
 それを警察署に拘束した上、朝・昼・晩と一日8時間もの「取り調べ」を強制しています。その内容は「作業所が障害者をだましてデモや集会に連れて行っているのが詐欺だ」なる転向強要。障害者が反戦運動に立ち上がることと作業所そのものへの憎悪をむき出しにして潰そうとする許し難いものです。戦争法反対・安倍倒せのうねりを拡大するなかでの政治弾圧です。
 東京地裁は直ちに釈放決定を出せ! 完全黙秘でたたかう2人の支援にご協力ください。

「オープンスペース街」 救援会
東京都練馬区関町北 4-2-11「オープンスペース街」
tel.03-6914-0487  fax 03-3928-1378
メール tokyohokubu-matikyuuenkai@yahoo.co.jp
HP、FB→【「オープンスペース街」を守る賛同署名】で検索




戦争国会と一体の障害者運動潰し許すな

作業所潰し・社会保障解体の攻撃


 今回の弾圧は、安倍政権がおこなっている戦争法の強行採決と一体の、作業所と社会保障そのものの全面解体の大攻撃です。
 新国立競技場建設で 2500 億円のぼろ儲けをやろうとした連中を野放しにして、まじめに必死で作業所を守り運営してきた労働者をでっち上げで逮捕するなんて、本当に許せません。
 障害者の作業所などの福祉施策は、本来は当事者と地域住民、そして現場の公務員労働者が手を携えて創り上げてきた歴史的な獲得物です。ところが自立支援法のもとで、作業所は資本にとって都合がいい超安価な労働市場へと再編・淘汰されてきてしまっています。良心的に運営しようと思っても、膨大で煩雑な請求業務と補助金に縛られる…。
 あげくに、公的福祉を切り捨てるためには「だまし取った」とデッチ上げてでも弾圧し、キャンペーンする。安倍政権の意を受けた社会保障の全面解体を許してはいけません!
 新自由主義とアベノミクスの全面破綻のなかで、社会保障を全面解体しようとこんなムチャクチャな弾圧をせざるをえない公安警察の姿こそ、安倍戦争政治の正体です。
 今回の作業所・ユニオン弾圧に対して、「不当捜索と不当逮捕を許さず、『街』を守る」署名がたくさん集まっています。この弾圧をはねかえすことは、戦争法を阻止し、安倍政権をさらに追いつめます。
 2人の仲間は完全黙秘でたたかい、作業所「街」は、3人の職員のうち2人が奪われながら、地域の仲間が駆けつけて毎日運営し続けています。弾圧をはね返し、2人を奪い返すための署名にぜひご協力ください。
 また、不当弾圧救援カンパにご協力をよろしくお願いします!




障害者運動と作業所を敵視し潰そうとする公安警察

●家宅捜索と同時に利用者宅を個別訪問して回り、 「『街』 にかかわるな」 と脅し。
 「『街』 の皆はしゃべってるぞ」 とウソを言って調書を取ろうとした。 人間不信をあおられ、 具合が悪くなってしまった利用者もいる。
 障害者の生きる場である作業所を、 障害者自身を先兵に仕立てて潰そうとする。 卑劣なやり口!
●取り調べでは 「作業所が反戦集会の勧誘の場になっているのが気に入らない」 「(障害者の) 息子が一人で立って待っていたぞ。 反戦活動なんてやめろ」 と、 作業所つぶし・反戦運動つぶしが目的であることを自認して露骨な脅し。
●作業所の担当である練馬区の障害者施策推進課に 「不当弾圧に加担しないように」 と申し入れに行ったところ、 捜索 ・ 取り調べをしている張本人の公安警察数人が庁舎の中にまで入り込み、付きまとい妨害。

 絶対に許すことはできません! 




★2人の釈放を求める署名にご協力ください

★激励のメッセージをお寄せください
●激励先
「オープンスペース街」
〒177-0051 東京都練馬区
関町北4-2-11
FAX 03-3928-1378
メール tokyohokubu-matikyuuenkai@yahoo.co.jp

★救援のカンパをお願いします
 三井住友銀行 武蔵関支店 口座番号 6846393
 一般合同労働組合 東京北部ユニオン

ビラへのリンク

「街」救援賛同署名用紙(逮捕後)

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38b1Rnc1RRN1FzOWc/view?usp=sharing


賛同署名用紙へのリンク

「街」2名の釈放を求める署名用紙(5名連記)

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38alUtRkhTR1VQT1E/view?usp=sharing

署名用紙へのリンク

2015年8月1日土曜日

ベストライフ分会 一人夜勤化絶対反対!

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBMDNzNjFsaVliMjg/view?usp=sharing


2015年8月1日 第1号
一人夜勤化絶対反対!
労働組合へ入ろう

  ベストライフで働く全ての仲間の皆さん改めまして。合同労働組合八王子改め、多摩連帯ユニオンという労働組合です。この度、東京多摩地区全体の労働組合になろうと名称変更、一新しました。この間東村山では,会社が狙う一人夜勤化だけは止め続けています。昨年10月、一人夜勤反対ストライキをたたかい、反撃を開始しました。対して会社は「ペナルティ」賃金カットを行ってきましたが、私達はこれは違法であることを認めさせ、撤回させました。ぜひ皆さんに私達の労働組合に入って頂きたく呼びかけます。

会社は謝罪を拒否!
違法を「遺憾」に思うならば謝罪せよ!


 前号でもお伝えしましたが、5月28日に組合と会社と団体交渉を行いました。この場で会社に対し、違法なストライキ「ペナルティ」に対する謝罪を文書で求めました。対して会社は6月12日付で回答書を出してきました。
【会社回答】:今回のストライキ権行使については、給与規定第27条を適用し一旦、ペナルティ欠勤控除対象との判断をしましたが、会社として再度検討した結果、ペナルティにはあたらないとの結論に至り、返金を致しました。控除期間が経過したことについては遺憾に思いますが、ストライキ権行使への同条適用は、会社として初のケースであり判断に時間を要しました。しかしながら、今回の再検討も含め結果として今回の判断は適正なものと考えておりますので、貴組合におかれても理解を頂きたいと思います。
 謝罪の拒否であり、認められません。会社は「遺憾」に思うならば謝罪すべきです。誰に対しても同様の「ペナルティ」をしないと公に表明すべきです。

皆勤手当不支給は争議権の介入だ!

 会社はストライキ「ペナルティ」を取り消したのだから皆勤手当も支払うべきと要求しました。対して会社回答書では、昨年10月18日「不就労」で、「給与規定を適正に適用したものであり」と拒否しました。ベストライフの給与規定が争議権を前提としていないです。会社がストライキを欠勤扱いすることは争議権の介入です。

会社の「考課」は公表できないほど恣意的である事が明らかに!

 6月に支給された介護職員処遇改善加算について、東村山でも先日施設長補佐が職員に少額だと報告していました。高見分会長は今回たったの477円、前回の1244円を更に下回ります。どうしたらこんな額が出てくるのか。
 5月団体交渉で、半年たったの1244円という額がどうしたら出てくるのか査定の仕組みを文書回答しろ、と要求しました。対して【会社回答】「社内規程により支給額を決定します。高見職員の査定内容については開示不要と考えます。」「人事考課査定基準に関する規定は、貴組合員に限らず一般職員には開示しておりません。また社内規定のため、社外秘としております。

 会社の人事考課は公に明らかにできないほどに恣意的であることが更に判明したと思います。「社外秘」だから開示しない、とは論拠になりません。「こんなの処遇改善じゃない」などの声があちこちから聞かれます。こんななかで今回の私達の処遇改善加算などが会社の好き勝手に少額にされ、出されてきたのです。
 また、東村山で朝礼時、施設長補佐による先日の本社会議報告で、介護職員処遇改善加算について「少なくてがっかりしただろう。子供手当、資格手当、一時金ということに割り振る」と言ってきたのです。一方で、今年4月に発表された7月給与からの介護福祉士手当アップが「一律25000円まで上がらないかもしれない」と言い出したのです。新卒者の給与事例を挙げ(就業規則に書かれていない)、「新卒者は給与が良い」とし、「雇用情勢、雇用の需要と供給で変わっていく」といったのです。また、東村山では施設長補佐が介護福祉士手当が上がることで基本給が下がる場合があることも報告していました。基本給を下げておいて「減給ではない」の一点張りです。
 全く持って許しがたい事態です。「資格手当に割り振る」と言いながら介護福祉士手当も減らす、会社が処遇改善加算をさらに自分の懐に入れていると見ざるを得ません。これのどこが「離職を減らせ」というあり方でしょうか。
 また、会社は6月の回答書の中で、介護職員処遇改善加算を法定福利費(会社の支払い)にあてることまで書いていました。会社の儲けのために介護職員処遇改善加算を利用していることがさらに明らかになりました。
 ぜひ私達の労働組合に入って下さい。労働組合で力をあわせないと今回明らかになったように会社は好き勝手してくるからです。東村山では一人夜勤だけは昨年の組合のとりくみで止めています。力を合わせましょう。秘密は厳守致します。

ビラへのリンク